マスター・ソーパー資格【改訂】

マスター・ソーパーとは

ソーパーとしての知識、経験、講師としての考え方のスキルは当然のこととして、他の模範となるような高いモラルをもち、協会運営を担う中心的役割りを担うことを認定された資格者です。HSAが主催する各地域での認定講習会、スター講習会の講師を務めるほかHSAが行う事業等の企画・運営に携わり、地域のシニア・ソーパー、ジュニア・ソーパーの活動促進を行います。

マスター・ソーパーになるには

HSA会員であること、シニア・ソーパー(旧シニアマイスター)として3年以上の経験があり、スター講習会を30講座以上開講していることが条件です。理事会によって推薦され、推薦者はHSA主催のマスター・ソーパー認定講習会を受講し、理事の面接を受けたうえで認定されます。

年会費:108,000円(消費税込)
認定講習会受講料及び認定料は年会費に含まれる

推薦と認定

推薦者選考:名年12月締め切り
認定講習会:1月〜3月

マスター・ソーパーが教えられるレベル(講習)

・ホームソーパー検定
・ジュニア・ソーパー講習
・HSA主催ジュニア・ソーパー認定講習会
・HSA主催スター講習会
マスター・ソーパーは、すべてのレベルの講習を行うことができます。HSA主催の講習会も、主にマスター・ソーパーが行います。

マスターサーパー一覧はこちら