ペット委員会

現在、日本で使用されるペットは犬・猫だけでも2千万頭を超え、ペットは家族という認識も定着してきました。同時にペットに石けんを使いたい、作りたいというご要望も多く聞かれるようになっています。
『手作り石けんとペットを考える委員会』(通称:ペット委員会)ではこのようなニーズを受け止め、ペットと人のQOL向上を目指して、安心・安全な石けんのあり方を考え普及する活動を進めてまいります。

委員会活動方針

  1. 法的に曖昧なペットの石けんの位置づけと安全基準の策定
  2. 安心・安全なペットの石けん作りの実践と情報発信
  3. ペット固有の身体的特性(皮膚、被毛など)と石けんの関係を研究

今までの活動

2014年度

ペット委員会オリジナルの犬の石けん作りに取り組みました。会員の皆様にモニター石けんを配布してアンケートをとり、この結果をもとにレシピを決定、『犬の石けん/ひまわりナチュラル』を完成させました。同時に、犬の石けんに関心をお持ちの会員、マイスターの皆様に向け、冊子『犬の手作り石けんガイドブック』を発行し、シンポジウムで犬の石けんとともに販売しました。

2015年度

上半期は会員、マイスターの皆様を対象に『犬の石けんガイドブック』を使った説明会を開催するとともに、委員会ウェブショップをオープンしてガイドブックと犬の石けんの販売を行いました。下半期は、次年度から発足する犬の石けんマイスター制度に向け、教本等の準備を開始しました。

次年度の活動予定

2016年度

2016年度は犬に関する基礎的な知識を習得し、個々の犬の特性に合わせたレシピを組んで石けんを作る知識を有する「犬の石けんマイスター」認定のための教育に取り組み、7月に第1回の認定を予定しています。続いてホームドッグソーパー検定の実施、2017年度からは「犬の石けんnインストラクター」の認定へと活動を進めてまいります。

ガイドブック